ハト

ドバトやカラスを捕獲したい。

ドバトやカラスに限らず、野生鳥獣は法律により許可なく捕獲することは禁止されています。鳴き声がうるさい、迷惑だからといってむやみに捕まえることはできません。防除対策を講じても被害が継続する場合は、有害鳥獣の捕獲許可を得て捕獲することはできます。
しかしながら、多くの場合、一度捕獲しても別の場所からまた他のドバトやカラスが集まってしまうため、捕獲は必ずしも効果的な対策とはなりません。捕獲を行うよりも、被害を及ぼす鳥獣が集まって来ないような環境を整えることが大切です。

ドバトがベランダに来て困っている。

ドバトがベランダ等にやって来ると、糞や羽毛で汚されたり、鳴き声がうるさい等の被害が発生します。ドバトは、昼間たまに飛んできて休んでいるような状況から、次第にフンなどが増えていき、夜間もその場に寝付く状況になると、その場所を安心な場所と確認して、卵を産むための巣を作るようになります。
ドバトの被害を防ぐためには、ドバトを近づかせない、巣を作らせないことが必要です。

  • ネットなどで覆ってドバトの進入を防ぐ。
    ネットは、防鳥ネットとして一般に販売されているもので結構です。なお、かすみ網は、法律で特別な許可を得た場合以外は、保有すること、売ること、買うことも禁じられています。
  • ベランダ等には、できるだけ物を置かず、見通しや風通しをよくする。特にドバトがとまりやすい物は置かないようにする。
  • フンや羽が落ちていたらこまめに清掃する。
  • 営巣されないように、なるべくベランダへの出入りや窓を開閉する(人間が住んでいることを教える)。
  • 巣をつくりやすい壁とエアコンの室外機などの隙間を金網等でふさぐ。

ハトを駆除・忌避できるニームが主成分の忌避香(剤)の設置実績事例|武蔵野市マンション

« Older Entries
エコニーム
エコニーム
  • エコニーム
  • 設置方法

    「ねずみさんバイバイ」設置方法をご紹介しているマニュアル(PDF)です。 詳しくはこちら

  • 設置場所例

    エコニーム