キンドル

宅建 合格の近道【解説動画・個別指導付】厳選過去問徹底学習「宅建業法」189問(肢) [Kindle版]

昨日アマゾンのキンドルストアから新しい電子書籍を出版しました。
 
新刊といいましても、これまでも発売している宅建の過去問解説本に、動画サイトへのリンクを付与したものです。
 
審査が通るかどうか心配していましたが、無事出版できました。

 
自分ではこれを「動画本」と勝手に呼んでいますが、今後この手のものを増やしたいと思っています。
 
キンドル本の場合、文字を主体にしたリフロー型と、写真や絵、漫画などを見せる場合に使う固定レイアウト型の2通りの作り方があります。
 
今回はリフロー型ですが、この方法でないと外部へのリンクを埋め込むことができません。
 
キンドル本ではストリーミングや動画の埋め込みができないので、動画を見せたい場合は外部リンクしか、いまのところないですね。
 
http://www.amazon.co.jp/dp/B00IOMYI0E?tag=smfactory-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=B00IOMYI0E&adid=1ANCAMZK2042B8X2A77Y&&ref-refURL=http%3A%2F%2Fnetjuku.org%2Fshokuno%2Fkindle

賃貸不動産や投資マンションオーナーさんなら知らないと損する風水入門マニュアル

本書は、風水建築デザイン研究所の斉藤 均(Mr.リュウ)所長が、15年にわたる
建築分野において取り組んできた風水の実践について解説したものです。
 
世間で一般的に言われている風水は占いが中心ですが、伝統的で本格的な風水は
占いではありません。
 
占い風水は間違った風水なのです。
 
風水は、本来は環境や建物について見るもので、「凶」を避けて「吉」を呼び込
むためのものです。
 
賃貸不動産や投資マンションを運用されている方々のために、集客や資産運用に
役立てていただこうと言う目的で本書を編集いたしました。
 
是非、皆さんの不動産運用にお役立ていただければ幸いです。
 

キンドル本新刊のご案内

すでに「小寒」を過ぎましたので「寒中お見舞い申し上げます」。

しかし、寒いですね。

さて、今回はキンドル本新刊のご案内です。

昨年末に出す予定でしたが、年末の雑用でもたついて年を越してしまいました。

これで都合8冊目となります。

2010年頃から始めたセミナーや中小企業さんの動画制作などの経験をベースに書きました。

この内容を基にしたウェブ講座の制作にも入ります。

今年は動画の活用が活発になるでしょう。

日ごろお世話になっているキバンインターナショナルのパンダスタジオも、すでに全国に(海外も含めて)70近くあるそうです。

12月の勉強会で紹介させていただい「vine」(つぶやき動画)も今年は流行る予感がします。

というより、この「vine」6秒しか撮影できないので、短く動画を作る訓練には最適です。

これからのネット社会での集客は「共感」や「ファンづくり」といったことが核になってきますが、動画は、作り方、使い方を間違えなければそのためにも有効だと考えています。

余談ですが…

今回の出版にあたっては、データの審査を5日の夜に出したのですが、夜中の2時過ぎにはOKが出てました。

アマゾンって年中無休24時間営業なんですかね?

ご興味がありましたら下記URLをご覧下さい。

http://netjuku.org/kindle

キンドル本 動画マーケティング/動画SEOの基礎

ネット活用塾では「キンドルマーケティング」も兼ねてアマゾンのキンドルストアから電子書籍を発行しています。

動画マーケティング/動画SEOの基礎

 
こんな方にお勧めです
 
・本格的に動画を活用したい。
・リアル店舗、バーチャル店舗への集客に動画を活用したい。
・Youtubeや動画を使って、会社や商品のブランディングをしたい。
・新規顧客(いますぐ客・そのうち客)を動画を使ってウェブから集めたい。
・ネットを使った集客に行き詰まりを感じている方。
 
動画マーケティングと動画SEOの基本的な考え方の他に、YouTubeの活用法、動画量産の方法などについて解説しています。

目次

はじめに
 
1.動画マーケティングの基本的な考え方

(1)マーケティングとは
(2)知ってもらい 忘れられないためには
(3)動画マーケティングは難しくない
(4)動画は手段であって目的ではない
(5)動画マーケティングの主戦場は「検索エンジンマーケティング」
(6)ワンソース・マルチユース(メディア)が重要
(7)マインドシェアを獲得する動画マーケティング
 
2.SEOに何故動画を使うのか?

(1)SEOの世界に変化が
(2)抜群のSEO効果を発揮する動画
(3)マルチキーワード&ロングテールSEO
(4)動画配信プラットフォームはYouTubeで決まり
 
3.Googleを知る(Googleは出会い系サイト)

(1)Zeitgeist(時代精神)とは?
(2)Googleは出会い系サイト
(3)キーワードの重要性を知る
(4)Googleトレンドを使いこなす
 
4.動画量産方法を知る

(1)マルチキーワード&ロングテールSEO(復習)
(2)フォーマット&フッテージを理解する
(3)ネタ探し
(4)動画はサテライトサイト
 
5.YouTubeの基本的な使い方

(1)数字でみるYouTubeの凄さ
(2)最低限の作業
(3)再生リストを作成
(4)サムネイルにも注意
(5)アクセスデータを見る
(6)ソーシャルとの共有
(7)アノテーションの活用
 
6.動画制作の手引き

Step1:基本的な心構え
(1)映像と動画が違う
(2)3W1Hを明確にする
Step2:計画編
(1)目的にあった構成とシナリオ
(2)やってはいけない構成・シナリオ
Step3:準備・制作編
■使えるものは何でも使う
(1)ビデオ撮影機材
(2)音声収録機材
(3)その他の機材
■間違いのない撮影(素材収集)方法
(1)フィックスの「絵」を撮ること
(2)三脚を使うこと
(3)ネット動画の基本形は「寄り絵」
(4)現場では写真も撮影しておくこと
(5)音声収録の基本はマイクを音源に近づけること
■ネット動画に適した編集方法
(1)編集ソフトはあまりケチらない
(2)編集上の注意点
 
7.言葉が重要

宅建試験によく出る宅建用語「過失相殺(かしつそうさい)」

宅建に出てくる用語は法律用語や建築用語など、専門的なものが多いですね。
なので意外な意味や読みがあります。
 
実務・受験に使える必須宅建用語からの抜粋です。
ご活用ください。

 

過失相殺(かしつそうさい)
過失相殺とは、一方の過失による責任を、相手方の過失も考慮して、その責任を軽減すること。例えば契約違反により相手方に損害賠償請求権が発生した場合、その相手方にも過失が認められるときは、損害賠償額を算出する場合に、その相手方の過失割合に応じて損害賠償額が減額されることをいいます。

 

アマゾンからキンドル版の宅建用語集を出しています。
スマホやタブレットで使える電子書籍です。
特価490円です。
 

●実務・受験に使える宅建用語集 必須宅建用語243語収録 [Kindle版]

 
↑↑↑↑↑ここをクリック!
 
PDF版はこちらから ⇒ http://03auto.biz/clk/archives/ygabpc.html
 

« Older Entries
  • キンドル本

    大岡昇平 野火

    吉田みつる 戦艦大和の最期

    江戸川乱歩 傑作選

  • その他推薦図書

  • WordPressテーマTCD Free(無料)版
  • アメーバブログテンプレートTCD Free(無料)版