厚生労働省が今年度から始めた助成金のご案内(そろそろ終了か?)




今回は、厚生労働省が平成27年(今年度)から始めた下記助成金のご案内です。

「企業内人材育成推進助成金」(短縮URL)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000081260.html

この助成金は、職業能力評価、キャリア・コンサルティング等の人材育成制度を導入・実施し、継続して人材育成に取り組む事業主等に対して助成する制度です。

受給額は最大で1事業者あたり180万円から200万円程度です。

この助成金は上手く活用すると、研修以外の用途にも使えます。
(ちょっと特殊な活用方法ですので、ここでの詳説は控えますが、ご興味があればご連絡ください)

この助成金は弊社がお付き合いしている株式会社ライトアップさんが斡旋しているものです。

>>http://www.writeup.co.jp/

同社は「Jマッチ」というクラウドによる補助金・助成金のマッチングサービスを実施しています。

そこで一年間で発表される補助金・助成金は約3,000種類ほどあるそうですが、、今回ご紹介の助成金は比較的簡単に受給できるもので、社員さんに研修を受けさせたいと考えている企業さんには最適です。

なお同社の担当者によると、今回ご紹介している助成金は、予算(31億)のほぼ半分は消化しているらしいという話で、年明けには終了するだろう、という見通しだそうです。

ですから、もし今回の助成金を活用して研修を受ける場合は、今月か遅くも12月には申請しないと、とのことでした。

現在弊社が関わって進めている案件ですと、不動産会社が社員に宅建の資格を取得させるために、講師を呼んで社内で試験対策の講習をする場合に使っていただくというケースがあります。

他には、社員に研修を受けさせると同時に、受給される助成金から捻出する余剰金(これがこの助成金の重要なポイントです)を使って社内用の防災用品を調達するというケースがあります。

ライトアップさんが用意している研修メニューは50種ほどあるそうですが、上記の宅建の事例のように既存の研修に活用することもできます。

一番使わている研修は、ソニーの井深さんや盛田さんが作った「マネジメントゲーム」だそうです。

これは実際に受講すると一人20万ほどかかるものだそうです。

ソニーやソフトバンク(孫さんがこのゲームを絶賛しているそうです)では幹部クラスは必ず受講するゲームだそうです。

会社経営をシミュレーションするもので最後には専門家の指導によって決算書も書くそうです。

最後に・・・

この助成金は補助金とは異なり審査がありません。

申請すれば100%もらうことが出来ます。

ただし、いくつか条件があります。

・社会保険に加入していること
・半年以内に会社都合の解雇がないこと
・犯罪を犯していないこと

もし上記3つ当てはまらないようであれば、申請はできません。

もし、ご興味があればご検討ください。

関連する記事はこちら
  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping