蕎麦屋の動画 初体験




自分の仕事は映像制作・動画制作が生業で、これまでに2,000本以上制作してきましたが、飲食に関するものはほとんどありませんでした。

近所に気になる蕎麦屋があるので、お願いして撮影することに。

その店は、川崎市幸区幸町で営業する「満留賀」幸町店。

店主は二代目なんですが、事前の打合せで色々とお話をお聞きしたら、これが凄い。

店を引き継ぐ時から挫折を経験してきた苦労人。

最初は店のイメージでも撮れればと思っていましたが、毎月定期的に「蕎麦屋TV」的なものをやろうということにしました。

テーマは、二代目として店を継ぐにあたって経験した話、道具の話、食材の話、そして彼を助けてくれた多くの人達の話などです。

そして、取材した内容をドキュメントとしてキンドル本にもする予定です。

目標は3月末。

さらに、できるだけ海外へ発信しようと考えています。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックで来日する外国の人が、「満留賀 幸町店の蕎麦を食べたい」と店に押し寄せるようにするのが目的です(笑)。

とりあえずイメージものからという訳で、昨日撮影をしました。

内容は朝の仕込みです。

石臼で挽いた蕎麦粉を使って製麺したり、揚げ玉を作ったりする朝の準備風景です。

余談ですが、この店は製麺に創業時からの機械を使っています。

その操作がものづくり系の方々と同じなんですね。

部分的に見ていると旋盤を見ているような錯覚に陥ります。

「流石 川崎」でもないか。

動画は同じものですが、

1)生音を活かしたもの
2)BGMをメインにしたもの
3)英語のテロップを入れたもの

3本です。

カメラはいつものハンディカム。
三脚はちょっと使いましたがほどんど手持ち。
編集はアドビプレミア。
BGMはYouTubeライブラリーから。
撮影・編集・YouTubeアップでほぼ4時間。

⇒ http://youtu.be/8QIg1EH56Bc

⇒ http://youtu.be/lcIX1XlIT9A

⇒ http://youtu.be/5-9YNWzfdYc

⇒ 満留賀 幸町店 http://www.maruka-soba.com

関連する記事はこちら
トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping