間違いだらけの日本の風水事情「風水と鬼門」




【風水入門メール講座:伝統派風水を学ぼう】から抜粋

 

家相は、迷信じみたものもありますが、現代建築にも十分通用できるもが多くあります。日本の気候風土から生まれた知恵です。ただ、その「文脈」に対しては、時代背景を考えて、冷静に解釈をする必要があります。
 
家相といえばすぐ思い浮かぶのが「鬼門」ではないでしょうか。鬼門は「災いが訪れる方角」として、昔から家を建てる際に「水回りを作るな・玄関を作るな」と言われ続けてきた方角です。 
 
あなたも、自分に都合の悪い方角、場所、事柄までその代名詞として使い、「これは鬼門だから」と気にすることはありませんか?でも、なぜ東北なんだろう? そもそも災いとは何?とその理由を考えたことがありますか。
 

続きは 
風水建築デザイン研究所 風水入門メール講座 で学習してください。
 
あなたが知っている、考えている風水がいかに間違っているかが分ります。
 
くれぐれもエセ風水にダマサレナイように。

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping