2013年4月 記事一覧

宅建 過去問「秒速トレーニング」問題 45(平成17年 遺言書の検認)

このブログでは「迅速な解答力を身につける」ための「秒速トレーニング」動画をご紹介しています。
 

さっそく問題です。
 
宅建本試験の問題肢です。
次の設問は 正しいか? 誤っているか?
 
下のサンプル動画はこの問題を45秒で答えていただくものです。
 

———–
自筆証書による遺言書を保管している者が、相続の開始後、これを家庭裁判所に提出してその検認を経ることを怠り、そのままその遺言が執行された場合、その遺言書の効力は失われる。
———–
 

 
■なぜ「秒速トレーニング」動画を作ったか・・・
 
宅建の本試験で皆さんに与えられる時間は120分です。
取り組むべき問題は50問。(登録講習修了者は110分で45問)
仮に、各問題が4肢で構成されている場合、単純計算で
 
120分÷(50問×4肢)=0.6分/肢
 
となり、1肢あたり36秒の持ち時間となります。
 
これは単純計算ですが、素早い理解と素早い解答が求められていることに間違いはありません。
 
秒速トレーニングバージョンはそのための迅速な解答力を身につけるためのものです。
 
しかも、音が出ないため電車の中など周囲に人がいてもスマホやタブレットでいつでもスキマ時間を使った学習ができます。
 
別途ご用意しています講師解説バージョンはご自宅で、屋外ではイヤホンを付けてご活用いただけます。
 
この二つの動画を上手く活用することで、スキマ時間を活用した効果的な過去問演習ができます。
 
宅建本試験までの期間限定会員サービス
「宅建合格道場」の正会員を募集しています。
この道場は、過去問を徹底的に演習する動画講座です。
上記の「秒速トレーニング」の他、実務家講師による解説動画もあります。
 
その他下記のようなコンテンツも配布されます。
 
1)暗記すべき数字たち
※読んで・聴いて・見ておぼえる宅建試験に出る数字たち(PDF・mp3・動画)
2)解答の方程式・出題のパターン(PDF)
※宅建試験の問題を解くための方程式を解説
 
ご興味・ご関心がある方はこちらから!

宅建 過去問「秒速トレーニング」問題 44(平成19年 相続承認)

このブログでは「迅速な解答力を身につける」ための「秒速トレーニング」動画をご紹介しています。
 

さっそく問題です。
 
宅建本試験の問題肢です。
次の設問は 正しいか? 誤っているか?
 
下のサンプル動画はこの問題を45秒で答えていただくものです。
 

———–
AがBに対して1,000万円の貸金債権を有していたところ、Bが相続人C及びDを残して死亡した場合に関してC及びDが相続開始の事実を知りながら、Bが所有していた財産の一部を売却した場合には、C及びDは相続の単純承認をしたものとみなされる。
———–
 

 
■なぜ「秒速トレーニング」動画を作ったか・・・
 
宅建の本試験で皆さんに与えられる時間は120分です。
取り組むべき問題は50問。(登録講習修了者は110分で45問)
仮に、各問題が4肢で構成されている場合、単純計算で
 
120分÷(50問×4肢)=0.6分/肢
 
となり、1肢あたり36秒の持ち時間となります。
 
これは単純計算ですが、素早い理解と素早い解答が求められていることに間違いはありません。
 
秒速トレーニングバージョンはそのための迅速な解答力を身につけるためのものです。
 
しかも、音が出ないため電車の中など周囲に人がいてもスマホやタブレットでいつでもスキマ時間を使った学習ができます。
 
別途ご用意しています講師解説バージョンはご自宅で、屋外ではイヤホンを付けてご活用いただけます。
 
この二つの動画を上手く活用することで、スキマ時間を活用した効果的な過去問演習ができます。
 
宅建本試験までの期間限定会員サービス
「宅建合格道場」の正会員を募集しています。
この道場は、過去問を徹底的に演習する動画講座です。
上記の「秒速トレーニング」の他、実務家講師による解説動画もあります。
 
その他下記のようなコンテンツも配布されます。
 
1)暗記すべき数字たち
※読んで・聴いて・見ておぼえる宅建試験に出る数字たち(PDF・mp3・動画)
2)解答の方程式・出題のパターン(PDF)
※宅建試験の問題を解くための方程式を解説
 
ご興味・ご関心がある方はこちらから!

宅建 過去問「秒速トレーニング」問題 43(平成19年 相続承認)

このブログでは「迅速な解答力を身につける」ための「秒速トレーニング」動画をご紹介しています。
 

さっそく問題です。
 
宅建本試験の問題肢です。
次の設問は 正しいか? 誤っているか?
 
下のサンプル動画はこの問題を45秒で答えていただくものです。
 
———–
AがBに対して1,000万円の貸金債権を有していたところ、Bが相続人C及びDを残して死亡した場合に関してCが単純承認を希望し、Dが限定承認を希望した場合には、相続の開始を知った時から3月以内に、Cは単純承認を、Dは限定承認をしなければならない。
———–
 

 
■なぜ「秒速トレーニング」動画を作ったか・・・
 
宅建の本試験で皆さんに与えられる時間は120分です。
取り組むべき問題は50問。(登録講習修了者は110分で45問)
仮に、各問題が4肢で構成されている場合、単純計算で
 
120分÷(50問×4肢)=0.6分/肢
 
となり、1肢あたり36秒の持ち時間となります。
 
これは単純計算ですが、素早い理解と素早い解答が求められていることに間違いはありません。
 
秒速トレーニングバージョンはそのための迅速な解答力を身につけるためのものです。
 
しかも、音が出ないため電車の中など周囲に人がいてもスマホやタブレットでいつでもスキマ時間を使った学習ができます。
 
別途ご用意しています講師解説バージョンはご自宅で、屋外ではイヤホンを付けてご活用いただけます。
 
この二つの動画を上手く活用することで、スキマ時間を活用した効果的な過去問演習ができます。
 
宅建本試験までの期間限定会員サービス
「宅建合格道場」の正会員を募集しています。
この道場は、過去問を徹底的に演習する動画講座です。
上記の「秒速トレーニング」の他、実務家講師による解説動画もあります。
 
その他下記のようなコンテンツも配布されます。
 
1)暗記すべき数字たち
※読んで・聴いて・見ておぼえる宅建試験に出る数字たち(PDF・mp3・動画)
2)解答の方程式・出題のパターン(PDF)
※宅建試験の問題を解くための方程式を解説
 
ご興味・ご関心がある方はこちらから!

宅建 過去問「秒速トレーニング」問題 42(平成14年 相続放棄)

このブログでは「迅速な解答力を身につける」ための「秒速トレーニング」動画をご紹介しています。
 

さっそく問題です。
 
宅建本試験の問題肢です。
次の設問は 正しいか? 誤っているか?
 
下のサンプル動画はこの問題を45秒で答えていただくものです。
 

———–
被相続人の子が、相続の開始後に相続放棄をした場合、その者の子がこれを代襲して相続人となる。
———–
 

 
■なぜ「秒速トレーニング」動画を作ったか・・・
 
宅建の本試験で皆さんに与えられる時間は120分です。
取り組むべき問題は50問。(登録講習修了者は110分で45問)
仮に、各問題が4肢で構成されている場合、単純計算で
 
120分÷(50問×4肢)=0.6分/肢
 
となり、1肢あたり36秒の持ち時間となります。
 
これは単純計算ですが、素早い理解と素早い解答が求められていることに間違いはありません。
 
秒速トレーニングバージョンはそのための迅速な解答力を身につけるためのものです。
 
しかも、音が出ないため電車の中など周囲に人がいてもスマホやタブレットでいつでもスキマ時間を使った学習ができます。
 
別途ご用意しています講師解説バージョンはご自宅で、屋外ではイヤホンを付けてご活用いただけます。
 
この二つの動画を上手く活用することで、スキマ時間を活用した効果的な過去問演習ができます。
 
宅建本試験までの期間限定会員サービス
「宅建合格道場」の正会員を募集しています。
この道場は、過去問を徹底的に演習する動画講座です。
上記の「秒速トレーニング」の他、実務家講師による解説動画もあります。
 
その他下記のようなコンテンツも配布されます。
 
1)暗記すべき数字たち
※読んで・聴いて・見ておぼえる宅建試験に出る数字たち(PDF・mp3・動画)
2)解答の方程式・出題のパターン(PDF)
※宅建試験の問題を解くための方程式を解説
 
ご興味・ご関心がある方はこちらから!

宅建 過去問「秒速トレーニング」問題 41(平成14年 相続承認・放棄)

このブログでは「迅速な解答力を身につける」ための「秒速トレーニング」動画をご紹介しています。
 

さっそく問題です。
 
宅建本試験の問題肢です。
次の設問は 正しいか? 誤っているか?
 
下のサンプル動画はこの問題を45秒で答えていただくものです。
 

———–
相続人が、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヵ月(家庭裁判所が期間の伸長をした場合は当該期間)以内に、限定承認又は放棄をしなかったときは、単純承認をしたものとみなされる。
———–


 
■なぜ「秒速トレーニング」動画を作ったか・・・
 
宅建の本試験で皆さんに与えられる時間は120分です。
取り組むべき問題は50問。(登録講習修了者は110分で45問)
仮に、各問題が4肢で構成されている場合、単純計算で
 
120分÷(50問×4肢)=0.6分/肢
 
となり、1肢あたり36秒の持ち時間となります。
 
これは単純計算ですが、素早い理解と素早い解答が求められていることに間違いはありません。
 
秒速トレーニングバージョンはそのための迅速な解答力を身につけるためのものです。
 
しかも、音が出ないため電車の中など周囲に人がいてもスマホやタブレットでいつでもスキマ時間を使った学習ができます。
 
別途ご用意しています講師解説バージョンはご自宅で、屋外ではイヤホンを付けてご活用いただけます。
 
この二つの動画を上手く活用することで、スキマ時間を活用した効果的な過去問演習ができます。
 
宅建本試験までの期間限定会員サービス
「宅建合格道場」の正会員を募集しています。
この道場は、過去問を徹底的に演習する動画講座です。
上記の「秒速トレーニング」の他、実務家講師による解説動画もあります。
 
その他下記のようなコンテンツも配布されます。
 
1)暗記すべき数字たち
※読んで・聴いて・見ておぼえる宅建試験に出る数字たち(PDF・mp3・動画)
2)解答の方程式・出題のパターン(PDF)
※宅建試験の問題を解くための方程式を解説
 
ご興味・ご関心がある方はこちらから!

« Older Entries Newer Entries »
  • キンドル本

    大岡昇平 野火

    吉田みつる 戦艦大和の最期

    江戸川乱歩 傑作選

  • その他推薦図書

  • WordPressテーマTCD Free(無料)版
  • アメーバブログテンプレートTCD Free(無料)版