珠玉のボタン展開幕:ボタンのようでボタンでない





 
ネット活用塾のメンバーの一人「釉美屋」(代表:石川恭子)が、12月10日(月)から15日(土)まで「珠玉のボタン展」という工芸作家によるオリジナルボタンの展覧会を、銀座のギャラリーで開いています。

 

詳細は下記でご覧下さい。
⇒ http://yubiya.jp/button_ten/2012button.html
 
この展覧会は、石川恭子が2010年3月頃から暖めていた企画で、今後も続けていくとのこと。
 
今回の作品は面白い作品ばかりです。

ボタン展と称していますが、用途は自由。

企画の着想が良いですね。
 
工芸作品のボタンの前でご満悦の石川恭子。


 
まずは、今回の展覧会の搬入から開催までの様子を写真でご紹介します。

1)9日(日)搬入直後の会場

 

2)花を生ける石川恭子

 
3)会場はビルの2階なのでビル正面には案内看板を設置

 
4)開場前の掃除をする石川恭子

 
5)お客様のお出迎え準備完了

 
6)作家:Andrea Barker〈陶〉

 
7)作家:須山朋子〈金工〉

 
8)作家:木越あい〈ガラス〉

 
9)作家:大滝正明〈自然木工〉

 
10)作家:垣沼旗一〈漆〉

 
11)作家:福井あき子〈ニット〉

 
12)作家:神田正之〈ガラス〉

 
13)今回の展示で石川恭子がこだわった展示台
(制作は葉山工業)

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping