宅建実務講習とは




宅建実務講習とは・・・・

 

宅地建物取引主任者資格試験の合格者が、都道府県知事の宅地建物取引主任者資格登録を受けるためには、登録申請時までに宅地建物取引業に関する2年以上の実務経験が必要です。
この実務経験が2年に満たない方は、宅建登録実務講習を受講して修了することにより、宅建主任者資格登録を受けることができます。
 
ネット活用塾(飄現舎)がプロモーション支援している 一般社団法人職能研修会の古垣直久顧問理事が解説しています。
ご覧下さい。
 

関連する記事はこちら
トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping