相和シボリ工業 漆タンブラーを川崎市長に贈呈





 
ネット活用塾がコーディネートしている多摩美とのコラボに協力していただいている企業さんに、へら絞りの相和シボリ工業(川崎市高津区)があります。
 
この会社では、「かわさきものづくりPR製品」としてステンレスのビアタンブラーを作っていますが、ネット活用塾のメンバーとのコラボで、このタンブラーに漆を塗った商品を制作しています。
 
相和シボリ工業の大浪社長は昨年度のかわさきマイスターに認定されており、そのお礼と新製品の完成のご報告を兼ねて、漆のタンブラーを川崎市長に贈呈することとなり、2012年10月19日(金)、贈呈式が執り行われました。
 
大浪社長は根っからの職人なので、前の晩から緊張していたようですが、無事挨拶も贈呈もこなしました。
 
ものづくり職人と異業種のコラボは面白いですね。
ネット活用塾では、このようなコラボを「部品から商品へ」と呼び、他にもコーディネートしています。
今後、もっと仕掛けていきたいと思っています。
 


贈呈式前に川崎市の経済労働局の局長室で歓談
 

局長室に飾られているタンブラー見本
 

今回贈呈したタンブラーセット(箱書きは漆職人の垣沼さんによるもの)
 

マスコミも入った贈呈式の様子
 

緊張しながら市長と歓談
 

タンブラーを手にする阿部市長

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping