相和シボリ工業で中学生がへら絞りに挑戦!




 
川崎市高津区にある川崎マイスター認定ものづくり企業である「相和シボリ工業」が、8月下旬、地元中学生の企業体験(?)実習の受け入れをしていました。

 

たまたま、打ち合わせがあって訪問したのですが、男子中学生3名が、自動シボリ機を使って製品を作っていました。

相和シボリ工業の工場長が言うには、物覚えがよく、スジがいいそうです。
 

 
これで、ものづくりの現場に後継者が増えるという訳ではないでしょうが、現場を知るのはいいことですね。

この日のために、相和シボリ工業では安全靴や作業用の前掛けなども調達したようです。

まったくのボランティアですから、凄いことです。

しかも月末の忙しい時の受け入れですからね。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping