2012年9月 記事一覧

宅建登録実務講習の簡単解説動画アップ

宅建受験する人でも、意外に知らないのが登録実務講習ですね。
 
宅地建物取引主任者資格試験の合格者が、都道府県知事の宅地建物取引主任者資格登録を受けるためには、登録申請時までに宅地建物取引業に関する2年以上の実務経験が必要ですが、この実務経験が2年に満たない方に対しての救済措置的な制度が登録実務講習です。
 
国土交通省が認めた登録実務講習実施機関が開催する登録実務講習を受講して修了することで、宅建主任者資格登録を受けることができます。
 
一般社団法人職能研修会の専務理事 三井伊知郎さんが解説している動画をアップしましたのでご覧下さい。

 

職能研修会の宅建試験直前対策Web講座開講

職能研修会は、E-ラーニングでは業界屈指のキバンインターナショナルさんとの共同開発で、「宅建試験直前対策Web講座」を9月21日開講しました。

 

講座内容は下記のように2講座あります。
 
1)「宅建ファイナルチェック」(約90分)〈講師:古垣 直久〉
第1部 権利(視聴無料)
第2部 宅建業法
第3部 法令上の制限 その他
 
2)これだけやったら3点アップ(約60分)〈講師:三井 伊知郎〉
「宅建業法」クーリングオフ その1・その2(視聴無料)
「宅建業法」取引主任者 その1・その2
「宅建業法」注目!改正法
「宅建業法」弁済業務保証金
「法令上の制限」国土利用計画法
「法令上の制限」農地法
 
古垣講師からのメッセージです。
 

 
また、次のような特典を付けさせていただきました。
 
1)試験直前までのサポートメール
3日おき程度で、過去問の傾向と対策についてポイントをお知らせしていきます。
2)試験の解答速報
3)合格後の登録実務講習の割引
 
ぜひ一度、視聴無料の講座をご覧下さい。
http://www.shokuno.jp/webseminar

相和シボリ工業の仕事:ステンレスを絞って作るビアタンブラー

相和シボリ工業のへら絞り加工技術を駆使し、深絞りには向かないとされているステンレスにより製作したビアタンブラーです。

 

通常の金型では加工が難しい飲み口の狭まった形状を、プレス技術との組み合わせにより実現。

 

デザイナー平川貴啓氏(http://www.th-design.jp/)の手による洗練されたデザインと匠の技とが融合した逸品です。

 

デザインはシボリ屋と磨き屋泣かせですが、このタンブラーに漆を塗った作品も販売しています。

http://aiwasibori.com/urushi.html

 

異なる「業」と「技」の融合 「金胎漆麦酒器」創作のコラボレーション

「ステンレスに漆を塗ることは可能ですか?」この質問がプロジェクトの始まりでした。
2011年度のかわさきマイスターに”金属ヘラ絞り”で認定された大浪忠氏(相和シボリ工業 http://aiwasibori.com/ )は、川崎市の支援を受け、プロダクトデザイナー平川貴啓氏(http://www.th-design.jp)デザインのビアタンブラーを翌年のギフトショーに出品しました。

ステンレスを深く絞ったタンブラーの評価は想像以上に高く、その流れから更に付加価値の高いものを目指すという機運が生まれました。

 

その結果、漆工芸家として高い評価を受けている垣沼旗一氏(新潟県村上市)、アップル社のiPod、iPhoneの鏡面研磨を手掛けた小林研業(新潟県新潟市)の3者によるコラボレーションとして、金胎漆麦酒器は完成しました。

 

異なる「業」と「技」の融合。

 

本プロジェクトはこれからの”ものづくり”の可能性を示唆しています。
(コーディネーター 釉美屋 石川恭子 http://www.yubiya.jp/

 

iPodを磨いた小林研業の小林社長 エピソードを語る

安倍元総理も訪れたという燕三条の小林研業。iPodを磨いたことで有名になりましたが、アップルと関係や、求められる磨きの品質について、色々なエピソードを語ってくれ-ました。
磨きの世界も奥が深いですね。
小林社長の話を聞いていると、磨き屋として一流の理由が分かります。

 

小林研業は燕にある「磨き屋シンジケート」(http://www.migaki.com/)のメンバーです。

 

収録は2012年8月21日。
聞き手はネット活用塾のきむら芳春。
 

« Older Entries
  • キンドル本

    大岡昇平 野火

    吉田みつる 戦艦大和の最期

    江戸川乱歩 傑作選

  • その他推薦図書

  • WordPressテーマTCD Free(無料)版
  • アメーバブログテンプレートTCD Free(無料)版