来週開幕のWWDC 2012で発表される!? 次期iOSの新機能





 

6月11日(米国時間)のWWDC 2012開催を前に、Appleの次世代「iOS」に関する噂が加速している。すでに数ヶ月前から広く伝えられている「独自の地図サービス実装」「iCloud向けの新サービス」に加え、ストアのリニューアルなどいくつか新情報も見受けられる。

地図サービスの大幅強化は既定路線

 

 
iPhoto for iOSの地図。デスクトップ版iPhotoではGoogle Mapsのデータを使用しているが、iOS版ではOpenStreetMapの地図データを使用している

次期iOS (便宜的に”iOS 6″としておく)について最も著名な噂が「Google Mapsの代わりにAppleが独自の地図サービスを組み込む」というものだろう。Appleは先日リリースした「iPhoto for iOS」の中で「OpenStreetMap」をベースにした独自の地図機能をインプリメントしていることが知られているが、同社ではこれをさらに推し進め、より洗練された地図機能をiOS 6に標準実装するのではないかといわれている。

なんかワクワクするニュースだ。

http://journal.mycom.co.jp/news/2012/06/05/040/index.html

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping