Apple、「iOS 6」を発表 – 今秋より提供開始





 
新しい”Maps”機能や対応言語と反応の強化されたSiri、OSレベルでのFacebook統合、iCloudを介したPhoto Stream共有等々、目玉昨日が実装されたiOS6気になりますね。

米Appleは6月11日(現地時間)、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催されている開発者会議「WWDC 2012」において、iOSの次期バージョンである「iOS 6」を発表した。大幅に強化された新Mapsを含む、各種新機能追加が行われている。現在iOS Developer Programを通じてベータ版とSDKが配布されており、今秋にも製品版が無償提供される。

 

iOS 6では以前より噂があったように、Google Mapsに代わるApple独自の3D表示やナビゲーション可能な地図サービス機能が組み込まれている。またSiriは対応言語が増えているほか、スポーツ試合の結果確認やレストラン予約への対応など、よりインテリジェント化が進んでいる。このほかFacebook統合や、Photo Streamを友人と共有する「Shared Photo Streams」、新機能の「PassBook」など、目玉機能の追加が行われている。iOS 6でのアップデート内容を下記に一覧で紹介する。

http://journal.mycom.co.jp/news/2012/06/12/006/index.html

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping