グーグルのプライバシーポリシー統一と動画によるロングテールSEO





 
グーグルの傘下にあるYouTubeやGmailなど、Google全体では60を超えるプライバシーポリシーがありましたが、これらをより短くて読みやすい1つのポリシーに統一するという運用が3月1日から始まりました。
 

https://www.google.com/intl/ja/policies/#utm_source=googlehp&utm_medium=hpp&utm_campaign=ja_all-hpp_pp
 
これにはもちろん日本も含まれており、グーグルは、利用者が登録したデータやサービスの利用履歴、それにスマートフォンの位置情報などのデータを組み合わせることで、利用者のニーズに合ったサービスを提供できるということです。
 
例えば、エステに関する検索をした場合、そのキーワードが情報として残り、その後、YouTubeを利用すると検索履歴から得た情報に基づいて、エステに関する動画が「あなたへのおすすめ ≫」として画面上に出すことが可能になる、というより出てくるということでしょう。
 

 
このプライバシーポリシーの統一、表向きは情報を一元化することによりユーザービリティの向上というのが大義名分のようです。
 
しかし、グーグルの主な収入源は広告。
 
その広告主にとっては、より自分たちの情報を受け取ってほしい人に向けて、ピンポイントでその人の趣味趣向に合わせた広告を打つことが可能になるということです。
 
今回のプライバシーポリシー統一をSEOの視点から見ると、ポイントは「パーソナル」ではないかと思います。
 

 
いままでは、検索する人のリテラシーによって、求める情報にたどり着くまでの速さや正確さなどが違っていますが、ユーザー検索履歴という情報を保持し活用することで、検索リテラシーに関係なく、ユーザーの欲しい情報に到達しやすくなるということになるのでしょう。
 
グーグルのサイトに以下のような記述があります。
 
——–ここから
 
【ユーザーに合わせてパーソナライズ】
Googleにログインしているときには、Google+、Gmail、YouTubeでのこれまでのご利用データから、候補となる検索キーワードや検索結果をユーザーに合わせてパーソナライズすることもできます。Googleはユーザーの検索内容をより理解し、適切な検索結果を迅速に提供したいと思っております。
 
——–ここまで
 
ここから読み取れることのポイントの一つに、今後さらにYouTube動画を使ったロングテールSEOの重要性が増すのではないかということです。
スモールキーワードをうまく使ったコンテンツを幅広くアップしておく必要がありますね。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping