クラウド型CRMセミナー無事終わりましたが、意外なことが分かりました・・・





 
昨日、クラウド型CRMとGoogleAppsのセミナーが無事終わりました。
「インターネット活用研究会」がクラウドをテーマにしたセミナーはこれで2回目。
クラウドセミナーをどのように企画運営したらいいか、徐々にその感触を掴んできました。
ご協力いただいたのはZohoCRMをリリースしているゾーホージャパンさんと、前回もご協力いただいたソフトバンクテレコムさんです。

 

 
今回は、展示会などで集めた名刺や眠っている顧客情報を有効活用し、見込み客から顧客へとそのステイタスを上げていくための方法を中心にした内容でした。
 
ツールとしてのZohoCRMはよくできていますね。
利用目的にもよりますが、先ずは無料バージョンで期間の制限もなく試せるのがいいです。
グーグルとの相性もいいのでGoogleAppsを使っている人には、さらに便利でしょう。
 
受講者に参加目的を聞きましたが、皆さんが日常的にやっている顧客管理って意外にローテクなんですね。
ちょっと意外でした。
クラウド・コンピューティングの市場ははまだ初期ステージにあるものの、潜在的なマーケットは大きいですね、きっと!

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping