YouTubeのSEO対策:必須事項はこれ!







グーグルの検索エンジンには、YouTube動画用のアルゴリズムが別途あるという話は以前書きました。
そのためか、キーワードやジャンルによっては検索結果の上位表示の確率が高いです。



一方、YouTuneのチャンネルは一つのホームページとして認識されるようですが、普通に検索していても表示されることはありません。


それぞれのソースを表示させると分かりますが、動画ページの「タイトルタグ」、普通のサイトでいうメタタグである「description」、「keywords」に対応するのは、動画アップ時に設定する「タイトル」「説明文」「タグ」がそれぞれ対応して記述されています。


一方、チャンネルページといえば、タイトルにはチャンネルタイトル、descriptionにはチャンネルの説明文、keywordsには全てのチャンネルに共通と思われるYouTube側が設定しているキーワードが入っています。


SEOとしてどちらにチカラを入れるかといえば、動画ページですね。
動画をアップしたら「タイトル」「説明文」「タグ」をきちんと記入するのは必須作業です。
意外にこの作業をしている人が少ないです。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping