乾電池のもちが悪い機器類




先日使った撮影機材(SonyのTG1は専用バッテリーなので除く)たちはどれも乾電池のもちが悪いです。
XLRのワイヤレスマイク(ソニー)とZOOMは電池の上澄みだけを使っているようで、残量表示で危険水域になった電池の残量を別のバッテリーチェッカーで調べると、まだ満杯状態。
最後までキレイに使い切って欲しいですね。






現場に行くときは新品の乾電池をもって行きますから、現場に出るたびに、ほぼ満杯の中古乾電池が増えます。
それらの第二の人生は主にラジオと時計ですが、使い切るには時間がかかるのでたまる一方です。

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping