もっとも「チープな動画制作」環境




以前、ある航空会社系のレストランを動画で紹介するという話があったものの、費用をかけられないからロケにも行けないという条件の中で、どんな制作方法があるかなぁと考えて提案したことがありました。


全国各地にあるレストランで、しかもロケに行けませんから当然撮影などはお店でやってもらうことになります。
撮り方や欲しい構図は予めサンプルを送っておきます。


しかし、撮影用の道具が問題になります。
お店でビデオカメラをもっているかどうか。
当時は今のようにHD画質の動画が撮れるスマホも無い時代。


そこで考えたのが…



1)デジカメで写真を撮る
※統一感を出すためにデジカメの動画機能は使わない。
なぜなら映像品質がばらつくからです。


2)携帯のボイスレコーダー機能を使ってナレーションを入れる
これらのデータをメールで送ってもらい、編集するというものでした。


携帯のボイスレコーダー機能は使えますが、やはり音質がイマイチでしたね。
結局この話、先方の財布がほとんど空っぽということで、立ち消えになりました。


身近にあるチープな道具でも動画制作はできますが、その道具の性能がどんどん良くなりますね。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping