正しい弁当:それは「手間」と「愛情」




仕事で撮影に出た時、お客さんから弁当を支給してもらったことがあります。
その弁当は、以前良く食べたことがある、崎陽軒のシュウマイ弁当。
このシュウマイ弁当、おかずのバランスが取れていて、なかなかのものだと思って常日頃評価しています。
しかも、冷めて美味しいのです。


弁当の基本のひとつは「冷めて美味しい」。


子供の頃、学校に持っていく弁当を親に作ってもらっていました。
そのすべてが、冷めていたが美味しかった。
冷めても美味しく食べられるように、調理を工夫するのが弁当なのだと思っています。






作り手はその辺の塩梅を考えながら料理するもの。


しかし、最近のファストフード化した弁当は「あったかい」ことを売りにし、コンビ弁当も電子レンジで温めて食べるようになっています。
自分としては、このあたりの加工食品を「弁当」と呼んで欲しくないと思っているのですが…


弁当の基本をもうひとつ上げるとすれば、それは「手間」と「愛情」。
決められた容器の中に、栄養や分量をバランスよく入れようとすれば工夫が必要で、ちょっとした手間仕事です。
たとえそれが残り物で作るにしても。


また、親が作ろうとすれば子供の好物を入れたりするでしょう。
奥さんが夫に作ろうすれば健康面を考えた調理をするでしょう。
自分が自分に作ろうとすれば、見栄え良く作ろうとするでしょう。


そこには「手間」と、それぞれに対する「愛情」があるのです。
それが、弁当なのです。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping