医者要らずの食材:ピーマン




いい仕事をするためには、キチンと食事をしないといけません。

また、健康でないとネットも使いこなせません。


今回はピーマンです。






●食材名:ピーマン


●効能:発毛促進、夏バテ予防、血管強化、ガン予防


●概要:南アメリカのアマゾン川流域原産のナス科の一年生草本。「ピーマン」はフランス語の「piment」からきています。英語では「緑の唐辛子」(Green Pepper)とか「甘唐辛子」(Sweet Pepper)などと呼ばれるように、唐辛子の一種です。
15世紀にコロンブスがヨーロッパに伝え、日本には明治初期にアメリカから入ってきました。


●旬:夏


●栄養素・効果:唐辛子の仲間にはタカノツメ、ヤツブサ、ナガミトウガラシなどの辛味型と、シシトウガラシ、ピーマンのような辛味が少ない甘味型があります。
旬は夏で。βーカロチン、ビタミンC、ビタミンB1,B2も多く含まれ、夏バテ予防には格好の野菜。
通常ビタミンCは熱に弱いのですが、ピーマンのビタミンCは熱に強いという特徴があります。
また、毛細血管を強化し、出血を防ぐビタミンPも含まれているので、脳出血をはじめ種々の出血性疾患、潰瘍・傷の予防・治療に有効です。
ピーマンの濃い緑色を出している葉緑素は、血液中のコレステロール低下作用や抗癌効果があることも知られています。
特筆すべきは、ミネラルでケイ素が多く含まれているので、爪や毛の発育に効果があります。


どんな食べ物にもそれなりの働きがあります。

医食同源というように、旬のものを昔ながらに美味しくいただくことで、健康に悪いはずはありません。


ちょっと気配り、目配りして食材を選びましょう!

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping