医者要らずの食材:タマネギ




いい仕事をするためには、キチンと食事をしないといけません。

また、健康でないとネットも使いこなせません。

今回はタマネギです。





●食材名:タマネギ


●効能:強壮・強精、糖尿病・高血圧・血栓症の予防・改善


●概要:アフガニスタンからペルシャにかけての原産。ユリ科の越年生草本。ヨーロッパでは4000年以上前から栽培され、ヘロドトスも「古代エジプトのピラミッドの建設に従事した奴隷にタマネギとニンニクを食べさせて、仕事の効率を上げた」と書いています。


●旬:春・秋


●栄養素・効果:ニラ、ニンニク、ネギと同じくアリウム属の野菜で、駆虫、殺菌、防腐、発汗、利尿、解毒作用があることが分かっています。
こうした作用の主役は含有成分のイオウ、リンなどのミネラルです。
、玉ねぎを切ったときに出てくる催涙成分であるチオスルフィネートは、強い殺菌・抗菌作用があり、血小板の凝集を抑制して、血液をサラサラにする効果もあるので、動脈硬化の予防に効果があります。
また、ぜんそくなどのアレルギー症状や炎症を抑える効果も期待されます。


タマネギの含有成分として特筆すべきはグルコキニンで、血糖降下作用を持っています。また、鎮静効果もあり、生のタマネギを切って枕元に置くとよく眠れることは経験的に知られています。


どんな食べ物にもそれなりの働きがあります。

医食同源というように、旬のものを昔ながらに美味しくいただくことで、健康に悪いはずはありません。

ちょっと気配り、目配りして食材を選びましょう!

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping