医者要らずの食材:ニラ




いい仕事をするためには、キチンと食事をしないといけません。
また、健康でないとネットも使いこなせません。
今回はニラです。






●食材名:ニラ


●効能:強壮作用、胃腸病・生理不順・生理痛の改善


●概要:東南アジア、中国、日本原産のユリ科の多年生草本。ニラは「陽起草」と言われるほど生長力と生命力の強い野菜で、一度植えるとほとんど手をかけなくてもよいので、なまけ草とも呼ばれています。


●旬:春


●栄養素・効果:ニラは身体を温め、胃腸の働きをよくし、強壮・強精作用があります。ニンニクと同様に、消化促進、殺菌、消炎作用をありますが、その作用の主役は硫化アリルです。
また、汚れたドロドロの血液を浄化して血液の循環をよくし、血液をサラサラにするニラ特有の働きがあります。
つまり、血の汚れから生ずる肩こり、頭痛、まめい、耳鳴り、動悸、生理不順、生理痛、吐血、喀血、下血、鼻血などを改善する作用があります。
ニラの卵とじやニラレバ炒めなどは、陽性食品のニラ、卵、レバーが組み合わさっていて、疲労回復、虚弱体質の改善、貧血、低血圧などの陰性病に格好の食べ物です。


どんな食べ物にもそれなりの働きがあります。
医食同源というように、旬のものを昔ながらに美味しくいただくことで、健康に悪いはずはありません。
ちょっと気配り、目配りして食材を選びましょう!

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping