機材を愛撫しませう




どんな仕事でもほとんどの場合、道具が必要です。


動画制作も同様!
カメラ、パソコンは必須ですね。
細かな道具はまだまだありますが、基本は撮影するカメラと、編集しネットにアップするためのパソコン。
パソコンは通常のメンテナンスで充分でしょうが、カメラの類は溺愛するくらい大切にしてください。






雨の日に使ったら湿気を取り、海のそばで使ったら塩分を取り、埃っぽいところだったら埃を取る、といったアフターケアです。
いまどきのカメラは機械というより電子機器ですから、かなりデリケートです。


テープ式のものやメモリー式のものなど機種は様々あり、それぞれの特性でメンテナンスするポイントも変わりますが、いずれにせよ、できるだけベストコンディションになるようにしましょう。


お手入れ道具は、ヨドバシやビックカメラのカメラ売り場(ビデオでなくて普通のカメラ売り場)に行けば、かなり揃っています。
ビデオカメラ売り場にはあまり無いようです。


手に馴染んだ道具は大切にしましょう!

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping