キーワードの探し方-01




最適な「キーワード」を見つけるために皆さん苦労されているかと思います。


私が定期的に開いている「インターネット活用研究会」(ネット活用塾)で、この4月に「キーワードを見つける」というテーマでセミナーをやりました。
http://www.kipc.or.jp/component/option,com_events/task,view_detail/agid,247/Itemid,/


その資料からの抜粋をご紹介します。



■はじめに


GoogleにはGoogle Labsという、Googleエンジニアが開発している様々なツールのプロトタイプ(試作品)ソフトウェアを、一般ユーザーが利用できるように公開している実験場があります。

http://www.googlelabs.com/


グーグルはネットユーザーがクエリに入れたキーワードを全て把握し、しかもユーザーの動向をを見ています。

その膨大な基礎データをどのように活用するかという視点であらゆる研究開発をしています。

ですから、そのサービスを使わない手はありません。


●Googleサイトからの抜粋
Google Labsで公開されているソフトウェアは、Googleエンジニアのアイデアを具現化したもので、将来必ずしも Googleが正式リリースするわけではありません。
Google Labsは公開したソフトウェアを利用したユーザーからのフィードバックや提案・アイデアを随時受けつけており、それらの意見を参考に改良を加えていきます。有用なツールだと判断されれば正式にリリースされるわけです。

今回ご紹介するGoogleトレンドもその一つです。

もちろん利用は無料です。

グーグルアカウントを持たなくても利用できます。

GoogleトレンドはこのGoogle Labsから生まれたもので、2006年5月にリリースされました。


他に有名なものとしては、衛星写真を駆使した動的な地図サービスである「Google Earth」やアクセス解析ツールの「Google Analytics」があります。


このGoogleトレンド、キーワードの流行り廃りが良く分かります。

また、国・地域・言語を選択することで、特定地域・言語によるデータも参照できます。

試しに、「mixi」「twitter」「facebook」などで調べてみると面白い結果がでます。

Googleトレンド次のような調査に役立ちます。


●季節商品・サービスの検索サイクル調査
●商品・サービスの売れ筋地域調査
●製品ライフサイクル調査
●ブランド浸透度の競合比較調査


Googleトレンド:http://www.google.co.jp/trends

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping