現代「食」考現学:料理のススメ




ウソか本当か、最近の子どもの中には、魚というものが切り身の形だと思っている子もいるらしい。


本当だったら恐ろしいことだ。





それだけ食材の元の姿を見る機会が少なくなり、加工品が蔓延しているということなのだろう。


以前NHKの番組が、ニューヨークではある料理教室が流行っていると伝えていた。

映像には、ソーセージ作りを肉の解体からやっているところを映し出していた。


さすが、空前の金融危機を引き起こしたアメリカ、料理教室もスケールが大きいと感心してしまった。



この例はややスケールが大きすぎるが、素材を良く知るという意味では重要な示唆に富んでいる。

野菜は泥付きのものを素手で触り、魚は自分でハラワタを取り出し三枚に下ろす、そんな作業をしてから調理するという経験を通して、食材の元々の姿を知ることができる。

そして、食糧・食文化の何たるかが理解できるだろう。


そうすれば、食べること、食べられることのありがたさが身に染みて分かるだろう。


そのためには、老若男女、どんどん包丁を握り台所に立つべきだ。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping