医者要らずの食材:キャベツ




いい仕事をするためには、キチンと食事をしないといけません。

また、健康でないとネットも使いこなせません。

今回はキャベツです。





●食材名:キャベツ


●効能:胃・十二指腸潰瘍・肝臓病・癌の予防・改善、去痰


●概要:地中海沿岸地方原産のアブラナ科の越年生草本植物。古代ギリシャ、ローマ時代から栽培されており、日本には江戸時代にオランダより観賞用として持ち込まれ、「葉牡丹」と呼ばれる。欧州では「貧乏人の医者」と呼ばれるほどで、医聖ヒポクラテスも「腹痛と赤痢の特効薬」としたとされている。


●旬:一年中生産


●栄養素:淡色野菜の中ではもっともビタミンやミネラルを豊富に含んでいる。ビタミンはA(免疫力増強)、B群(疲労回復)、C(免疫力増強、抗癌作用)、K(止血作用)がある。ミネラルは、塩素、カルシウム、ナトリウム、鉄、イオウ、ヨードが含まれる。潰瘍の特効薬であるビタミンUも含む。



どんな食べ物にもそれなりの働きがあります。

医食同源というように、旬のものを昔ながらに美味しくいただくことで、健康に悪いはずはありません。

ちょっと気配り、目配りして食材を選びましょう!

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping