テレビ的なメルマガ/ブログの文章




最近、クライアントさんがブログを始めました。
どんなことを書いているのか見せてもらいましたが、「読者を獲得する」という目的を達成するには程遠いという印象でした。


ホームページと連動させて集客する、ファンを作るといった目的を持つ場合、単なる日記(独りよがりな、もっと言えば身勝手な内容)では他人は読んでくれません。
読者を想定し、役に立つ情報や珍しい話、貴重な話や体験談など、オリジナル、レア、オンリーワンな情報を、親しみやすく読みやすく書く必要があるでしょう。
文体なども、堅いものでなく、個性がある方がいいでしょう。
独特の表現があってもいいかと思います。



自分は、ネットでの文章はテレビ的なものがいいと思っています。


新聞記者が書く記事と、テレビの情報系番組のディレクターが書く原稿には決定的な違いがあります。


新聞は見出しで全てを語ります。
忙しい人は見出しを見て済ますこともあります。


しかし、テレビでそれをやったら、すぐにチャンネルを変えられますから、できるだけ引っ張ります。
これを「タメ」という人もいます。
「焦らし」ですね。


先々に期待させるような見せ方です。


メルマガやブログなどもその手法が有効だと思っています。


主にメルマガを使って商材を販売している人達の場合、原稿の書き方一つで売れ行きが大きく変わるそうです。


何事にも努力と工夫が必要ですね。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping