YouTubeで検索上位表示:中小企業で実験




現在、中小企業さんとネット活用の勉強会をやっていますが、その中でネット動画を使ってプロモーションをしようという実験をもやっています。


そのきっかけは、YouTubeに動画をアップする際、タイトルや説明分、タグをきちんと調整しておくと、それなりに検索されるという経験があったからです。

当然ビッグキーワードでは厳しいものがありますが、スモールキーワードで狙うには十分すぎる効果があります。

通常のウェブにおけるSEOと同じでYouTubeの場合もしっかりと基本形を作ればそれなりに結果がでます。



ある時、YouTubeのスタッフにその辺の事情を確認したところ、アルゴリズムに関することは答えられないと言われましたが、逆に言えば、ウェブと同じような発想でチューニングすれば良いという意味と理解しました。


YouTubeはグーグルの傘下ですが、独自の検索エンジンとしても機能しています。

昨年初め頃から、YouTube用のキーワードアドバイスツール(日本語版)もリリースされています。

この辺りのサービスをしっかり活用することで、幅広い検索エンジン対策ができますね。

最近の事例ですが、前述した中小企業さんのスタッフの方を撮影して3本の動画を連休中にアップしました。

タイトルへ入れ込んだキーワードは「R曲げ」と「大型」です。





この企業さんは大型のベンディングマシンを持っていて、6Mもあるような鉄板の曲げが得意です。

もちろんそれより小さいものも曲げてますが。


アップして10日もすると、そのキーワードではほぼ上位に出てきました。
「R曲げ」と「大型」で検索するとグーグルでは
747,000 件
のサイトを紹介していますが、その中でトップです。


YouTubeの効果は絶大です。

今後のネット動画が楽しみです。

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping