医者要らずの食材:カボチャ




★ちゃんと食事していますか?



「医者要らずの食材」です。

●食材名:かぼちゃ


●効能:脳卒中・風邪の予防、活性酸素の除去


●概要;中央アメリカ原産のウリ科の植物。日本へは16世紀中頃、ポルトガル船が豊後(大分)に漂着した時に渡来したもの。カンボジアから持ち込まれたため「カボチャ」の名が付いたとされる。別名「ナンキントウナス」「ボウブラ」。

●旬:6月~9月



●栄養素:昔から冬期のビタミンAの補給源として用いられる。黄色の果肉には豊富にビタミンA(カロチン)が含まれ、血管壁や皮膚・粘膜の強化、皮膚の美容、動脈硬化やトリ目、眼精疲労、風邪や肺炎などの感染症の予防、改善に効果あり。
ビタミンE含有量は野菜の中でもトップクラス。Eとβカロチンは活性酸素の除去に効果あり。

ちなみに「わた」の部分は、カロチン含有量が果肉の約5倍もあり、煮物やスープなどで使うべし。

また、「わた」と同様に捨ててしまいがちな種子は、漢方では「南瓜仁」といわれ、回虫やギョウ虫の駆虫薬として古くから使われてきた。

種子にはリノール酸が多く含まれており、常食すると動脈硬化の予防・改善に効果的。




どんな食べ物にもそれなりの働きがあります。

医食同源というように、旬のものを昔ながらに美味しくいただくことで、健康に悪いはずはありません。

ちょっと気配り、目配りして食材を選びましょう!

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping