ネット中継の試験に思う




E-ラーニングの世界では、積極的なネット活用が進んでいます。


少し前までは、E-ラーニングといってもナカナカビジネスにならず、といった印象がありましたが、コスト削減や効率を求める企業や組織には不可欠なツールとなっているようです。


ちなみに、だいぶ前の話ですが、自動車用品の大手、オートバックスが従業員用に構築したE-ラーニングコンテンツは、その費用、数億らしいです。(3億程度と聞きました)



フラッシュアニメなどで見せています。

今日、弊社のクライアントのクライアントさんが今年度実施するネット中継セミナーの、本番前テストがありました。


北海道から沖縄まで、東京の本部で開催するセミナーをリアルタイムで配信・受講するものです。


資格更新と絡むセミナーなので結構ヘビーな内容のセミナーです。


それを全国40から50箇所の会場へ配信します。


データの送信は問題ないのですが、受け手の担当者や会場のスペックなどの問題で、受信がおぼつかない会場もありました。


現在、財団法人神奈川産業振興センターで中小企業向けにホームページを使った集客についてセミナーを開講していますが、受講生のネットリテラシーの格差に驚いています。

同じことが、今回のネット中継のテストでも垣間見えました。


世の中、iPadだ、ツイッターだと騒いでますが、乗り遅れる、あるいは取り残される人達が多いのも事実です。
なんとか、そんな方たちのお役に立てればと、懲りずにセミナーを開催していきます。

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping