医者要らずの食材:キュウリ




★ちゃんと食事していますか?


「医者要らずの食材」です。


●食材名:キュウリ




●効能:むくみ・高血圧・腎臓病・暑気あたりの改善・脱毛予防


●概要:インド、ヒマラヤ山麓原産のウリ科の1年生つる植物。世界的に普及した野菜の一つで、インドでは三千年前から栽培され、日本には10世紀頃渡来。



●旬:夏


●栄養素・効果:スイカやキュウリなどウリ科の植物には、カリウムやイソクエルシトリンという利尿作用の強力な成分が含まれているため、利尿が必要な病気である高血圧や心臓病、腎臓病、肥満症などに用いると効果がある。


ただし、キュウリは南方産で身体を冷やす陰性食品のため、暑がりの陽性体質の人が上記の病気を患っている場合は効果あるが、冷え性の人にはかえって逆効果になることがある。


そのため、冷え性の人は、ヌカ味噌漬けや浅漬けなど、塩を加えて陽性に変えてから食べる工夫が必要。
栄養素としては、ビタミンC、カリウムのほか、皮膚や毛髪の健康に不可欠な成分であるケイ素が多く含まれている。



どんな食べ物にもそれなりの働きがあります。


医食同源というように、旬のものを昔ながらに美味しくいただくことで、健康に悪いはずはありません。


ちょっと気配り、目配りして食材を選びましょう!

関連する記事はこちら

コメントを残す

トラックバックURL

  • スマート南京錠「パドロックマスター」

  • マンションで使える便利な宅配ボックス「荷もつ当番」

  • Amazon Shopping